様々な用途に使われる三次元測定機の役割について

作業員
工場

運搬装置の検討を行う

製造業では工場などでベルトコンベアーを使用していまして、これを導入する際には規格品の場合には各社毎に値段の比較を行い安く購入する事が大切です。またベルトコンベアーには長寿命化や省電力化の技術が取り入れられている製品も有ります。

工事現場

残土を現場でリサイクル

土質改良機は定置式土質改良プラントのコンパクト版とも言える機械で、土木や建築の作業現場にそのまま持ち込むことができます。発生した残土にその場で品質改良を施し、埋め戻し作業等に耐えられるだけの強度を持つ改良土に生まれ変わらせます。

すみやかに立体情報を計測

工事

立体情報とは、水平と垂直、奥行きの三次元情報の集合体のことです。複数の三次元情報を組み合わせて、それを線で結ぶなどすれば、立体映像を作り出すことができますし、二次元の情報を取り出すさいにもあらゆる角度からの情報を取り出せるといったメリットがあります。一方で、立体情報を得るには高度な測定技術が必要で、また情報量も増えるなど、これまではあまり利用されてきませんでしたが、簡単に情報を得ることができる三次元測定機の登場によりあらゆる分野で使われるようになっています。三次元測定機としては土木・建築などのほか、三次元測定機の一種である3Dスキャナを利用して物体の立体情報を簡単に読み込むことが可能になっています。

三次元測定機の用途はさまざまですが、求められる精度によって役割も変わってきます。特に高い精度が求められる三次元測定機としては、精密機器の分野における検品があります。一般的に検品においてはデジタルノギスなど使って測定が行われてきましたが、この場合には複雑な形の情報を正確に測るには限界がありましたが、専用の三次元測定機であれば検品したいものを固定しポイントごとに計測することで正確な三次元情報を得ることができます。このさいにレーザーを用いたものであれば短時間で測定が可能ですしアーム型と呼ばれるもので、アームを動かし先端を接触または近づけることでより正確な測定を行うことができます。これら得られた情報をもとにCADデータとの比較や、製造時に不良となっている場所を知ることができます。

メンズ

保存状態が大切

大阪で中古機械を買取していただく場合、取扱い説明書や保証書を保存しておく必要があります。また、買取りしていただく前には、動作確認を済ませておく必要があります。広いスペースの確保や部品の再利用のために、買取りが行われます。