様々な用途に使われる三次元測定機の役割について

ウーマン
  1. Home
  2. 運搬装置の検討を行う

運搬装置の検討を行う

工場

組立工程での運搬装置

製造業では様々な商品を製造していますが、これは工場に生産ラインを敷いて対応します。そして製造工程では様々な作業が分割されていまして、各工程間はベルトコンベアーで繋がれています。このベルトコンベアーの利用目的としましては、製品や部品を運搬する為の物です。例えばベルトコンベアーを電気で駆動させて、一定速度で運搬するものがあります。あるいはベルトコンベアーに傾斜が付けられていて、運搬する物の自重によって自動的に運搬するものが有ります。またベルトコンベアーに各種検査機器を取り付けて、合格品のみを後工程に流す全数選別工程にも使用されています。これらのベルトコンベアーは大きさや長さなど多くの種類から選定する事が出来ます。

装置比較でコストを下げる

そして会社でベルトコンベアーを購入検討する際は、規格品を使用しますと様々なベルトコンベアーメーカーの中から選定出来ます。したがって、各社から見積りを取り寄せて、値段のお得な業者を選んで安く購入出来るでしょう。一方で特注品の場合にはベルトコンベアーの設計から製作、そして動作確認を行うなど規格品と対応が異なります。この特注品を製作依頼する際には、設計や納入実績などを事前確認する事も大切です。そして各社毎にベルトコンベアーを長寿命化する技術や、電気の使用量を減らす工夫を行っていますので、これを上手く活用しますと製造のコストダウンにもつながり会社の収益アップに貢献する事が可能となります。